6月のセミ


白く軋んだ色の ひび割れた朝が来る
ひどく乾いた風だ ねじれた叫びだ

6月のこの朝に 手のひらは剥がれてる
耳の奥鳴り響く 痛みに立ちつくす

ただ早すぎたんだろう?
もう遅すぎるんだろう?

眩しさにうずくまる かすれたこの声が届かない


                       (2000.06〜)