1曲目

「もう、あそこへは行かない  もう、あそこへは行かない
 もう、あそこへは行かない  あそこへは2度と行かない」

夜を待ってる 縛りついている
僕は待ってる 凍りついている
弄 (もてあそ) ぶのなら それはそれでいいじゃん

あれが去ってく 遠ざかっていく
僕は去ってく ただ 春を裁く
滅びゆくのなら それはそれでいいじゃん

萌ゆまま 開くままの 桜 ただ愛しんで
見ぬまま 知らぬままで 君が 君が 溢れてた

日が沈むまで立ってる 夜が明けるまで立ってる
海 眠るまで立ってる  闇 尽きるまで立ってる
風 超えるまで立ってる 大地 (つち) 割れるまで立ってる
・・・ただ、君の真ん中にこの詩を捧ぐ


夢が泣いてる 泣きじゃくっている
たゆたう君に 泣きじゃくっている
消え失せるのなら それはそれでいいじゃん

散るまま 落つるままの 桜 ただ憎しんで
裂くまま 捨てたままで 君を 君を 忘れてた

日が沈むまで立ってる 夜が明けるまで立ってる
海 眠るまで立ってる 闇 尽きるまで立ってる
風 超えるまで立ってる 大地 (つち) 割れるまで立ってる
・・・ただ、君の真ん中にこの詩を注ぐ

擦り切れるまで立ってる 張り裂けるまで立ってる
声 枯れるまで立ってる 泣き叫ぶまで立ってる
気が狂うまで立ってる 朽ち果てるまで立ってる
・・・ただ、僕の真ん中にこの詩を捧ぐ


                             (2003.04〜)