国道139


夕暮れの滲むこの町で 初めてセミの声を聴いた。
ひまわりの揺れてるこの町で 初めてセミの声を聴いた。
白く霞んだこの町で 初めて森の音を聴いた。
戸惑いの揺れてるこの町で 初めて森の音を聴いた。

「君が君なりに、ラクに成れるなら。」
・・・それは、虚しく、残酷で。

でも、
眩しすぎる午後の炎症と純粋が、
僕をじっと、そっと、その手で・・・握る。


大した、事じゃない。
大した、事じゃない。
ただ、君が今、其処(そこ)に在り。  
ただ、僕は今、此処(ここ)に在る。

だから、
大した、事じゃない。  
大した、事じゃない。
強くも、弱くも、或ればいい。
泣けば、すがれば、それでいい。


油の艶(なま)めくこの町で ただ僕はこうして立ち尽くす。
「永遠」 の揺らめくこの町で ただ指をくわえて立ち尽くす。・・・



「僕が僕なりに、ラクに成れるから。」
・・・それは、気怠(けだる)く陰鬱で。

でも、
眩しすぎる午後の炎症と純粋が、
僕をぎゅっと、ずっと、その手で・・・掴む。


大した、事じゃない。  
大した、事じゃない。
ただ、君が今、其処(そこ)に在り。  
ただ、僕は今、此処(ここ)に在る。

だから、
大した、事じゃないだろう?  
大した、事じゃないだろう?
強くも、弱くも、或ればいい。  
泣けば、すがれば、それでいい。


夕暮れの滲むあの町で 初めてセミの声を聴いて。
近くて遠いあの町で 初めて森の音を聴いた。

初めて「自分」の眼を見つめた。
初めて「自分」と手をつないだ。


・・・初めて、「全世界」を、ぬすんだ。


                               (2006.02〜)